【これって爪カビ?!】ネイル女子ならグリーンネイルの正しい知識を身につけよう!

By  |  | 24,553 view
follow us in feedly
                      

気付いたら大変なことに!
ジェルネイルの放置は危険?!

ジェルネイルキット
可愛くて指先までおしゃれが楽しめるジェルネイル
通常のネイルに比べ、ツヤが綺麗で長持ちするのが魅力ですよね!

今では誰でも自宅で簡単にジェルネイルを楽しめるようになり、毎日お気に入りのネイルで過ごす方も多いのではないでしょうか。

爪のおしゃれは日々楽しみたいものですが、実はジェルネイルを放置し続けてしまうと恐ろしいトラブルを招く可能性が…。

今回は知っておきたい「ネイル女子が身につけておきたいグリーンネイルの正しい知識」をご紹介します。

爪が緑色に・・・。
カビが生えるって本当?

グリーンネイル

(出典:FC2ブログ
ネイルにグリーンを入れていないのに爪が緑色に…。

これは爪カビ「グリーンネイル」と呼ばれ、緑膿菌(りょくのうきん)という常在菌が爪とネイルの間に入り込むことによって爪が緑に変色するものです。

緑膿菌は、特に水回りに多く存在し、日常誰でも触れる可能性が高い菌なので、自分でネイルを施している方は、特に注意が必要です。

グリーンネイルの原因や対処法をしっかり学んで、清潔にネイルを楽しみましょう♬

恐怖!「爪カビ」の原因はすぐそこに!

ばい菌
見た目も中身も恐ろしいグリーンネイル
では、どうして爪にカビが生えてしまうのでしょうか?

ジェルネイルを長く付けていると、自爪との間に隙間ができてしまうことがあります。その隙間こそが落とし穴!
その隙間に水分が残っているとそこに緑膿菌が繁殖してしまうのです!

放置すると大変なことに!

グリーンネイルは痛みを感じることはなく、ただ爪が変色するだけなので危機感はあまりありません。しかし、これを放っておくと黄色っぽかった爪が緑、深緑へと変色し、さらに放置すると爪が黒くなってしまうことも…。

最悪の場合、爪甲剥離(そうこうはくり)という爪が剥がれてしまう恐ろしい症状に至る可能性もあるのです!

万が一の時のために!知っておきたい対処法

病院01
では、万一グリーンネイルになってしまったらどうすれば良いのでしょうか?
その対処法は至ってシンプル、すぐに皮膚科に相談しましょう!

グリーンネイルは自分ひとりで解決することはできないので、皮膚科でその症状の度合いに適した治療をしてもらうことが必要です。

自然治癒することもないので、症状が悪化しないうちにお医者さんのアドバイスをもらいましょう!

綺麗で安全なネイルを保つための予防法

タオル

グリーンネイルになってしまうと治療中、ネイルをお休みしなければなりません。
爪の緑色の部分を隠したくても、症状の悪化を防ぐためにそのままにしておかないといけないのです。

おしゃれを楽しみたくてもできないのは、ツラいですよね…
そうならないためにも、未然にグリーンネイルを予防しましょう!

水分をしっかり拭き取りましょう!

緑膿菌は水分を温床としているので、手洗いやお風呂に入った後などはしっかりと水分を拭き取ること!

また、もしジェルネイルが浮き始めてしまったら、そのままにせずになるべく早くオフすることが大切です!

まとめ

指先のおしゃれが楽しいジェルネイルですが、そのすぐ近くに危険は潜んでいます。
オフした時に自爪が緑色に変色しているのは、想像以上に衝撃的・・・

一般的にジェルネイルの付け替え期間は、3週間くらいだと言われています。
ネイルの持ちが良くても爪が伸びてくると自爪にも負担がかかりますので、3週間をメドにオフしましょう。

より安全にネイルを楽しむために、こまめな爪の健康チェックも忘れずに♬

(執筆:橋本明音)
(執筆・編集:サムライトネイルブック編集部

ネイルブックには他にもかわいいネイルがたくさん♡

今回紹介したネイルの他にもネイルブックには
なんと!100万枚ものネイル画像が♡
もっと自分好みのネイルを探したいなら是非チェックしてみてくださいね!

最新のネイル情報を見逃したくないアナタにはアプリがオススメ♡

ネイルブックダウンロード
nch_150903_01nch_150903_02