【簡単】プロネイリスト直伝!可愛い自宅ジェルネイルアートのコツ

By  | 
                      

はじめに

今大人気の「ジェルネイル」。マニキュアより長持ちするし、愛好者も多いはず!

アート用の材料も100均などで手に入りやすくなりましたね。

でも、サロンに行くのは時間もかかるし、お金もかかる……。

そこで今回はサロンに行く時間やお金がないときに助かる「自宅でできる!可愛いネイルアートのコツ」をご紹介します。

ここでは、ネイルアートで人気の「ドット柄」と「花柄」にチャレンジしてみましょう!

用意するもの

・丸ホログラムそれぞれ1mm&2mm・・・適量
・カラージェル
・筆(ドットペン、爪楊枝でも代用可)

ドットのやり方

ドットネイルはホログラムを使うことでペイントよりも簡単&キレイにできます!

STEP1:ジェルを塗ったらまずは配置を決める

ジェルを塗ったらまずは配置を決める
ドットネイルは配置がポイントです。適当にのせてはいけません。

まず、爪の中心に1つホログラムを置き、その上下に等間隔になるようそれぞれ1つずつホログラムを置きます。

STEP2:ホログラムを配置

ホログラムを配置
中心線に置いたドットの両脇にドットを配置しますが、このとき隣り合わせにならないよう注意してください。また、ここでもそれぞれのドットが等間隔に配置されていることも大切です。

大きさや間隔でイメチェン☆

ドットの大きさ、間隔でも印象が変わります。

大きさや間隔でイメチェン☆
大きいドット(ここでは2mmのホログラムを使っています)はポップなイメージ!
ミニーちゃんみたいになりますね☆

大きさや間隔でイメチェン☆小さなドット
上記のように小さいドット(ここでは1mmのホログラムを使いました)は上品なイメージになりますね。

*Point*
・中心を決めてすべてのドットの距離を均等にすること!

小花アートのやり方

小花アートのベースカラーは一番栄える「」がオススメです。

またワンカラーだと根元が伸びてきた時に目立ってしまうので「フレンチネイル」にした方が長くアートを楽しめますよ。

フレンチ」が難しい場合、まずは「まっすぐフレンチ」にチャレンジしてみるとやりやすいのでGOOD!
参考:【ネイル】「まっすぐフレンチ」ネイルアート画像集
小花アートのやり方
フレンチなら根元が伸びてきても安心☆

STEP1:ジェルを置く

ジェルを置く
筆を使い描きたい場所に丸くグルグルと薄ピンクのジェルを置きます。

STEP2:筆でグルグル

筆でグルグルその中に濃いピンクジェル「の」の字を描くように筆(爪楊枝でもOK)でグルグルしましょう。

STEP3:葉っぱを描く

葉っぱを描く
グリーンのジェルを使って、葉っぱも入れるとグッと花っぽくなります。

*Point*
・グルグルと「の」の字を描く要領で花ビラを書く。
・葉っぱの根元に濃いグリーンを足すと立体感が出る!

葉っぱを描くポイント
↑ 水色のホログラムを使ってドットを散らすとCath Kidston風に☆

プロネイリストからのアドバイス!

ネイルアートはバランスがとても大切です。

・アートの配置
・大きさ

上記を踏まえ、柄同士を組み合わせるとオシャレ度がグッとアップします。

▼ 柄同士の組み合わせ例
・花柄×ドット
・花柄×ストライプ など

ぜひ、この記事を参考に自宅ネイルでもドットや花柄アートに挑戦してみてください☆

(執筆者&画像:渡辺理香/サロン名「Chouchou」)
(編集:サムライト

ネイルブックには他にもかわいいネイルがたくさん♡

今回紹介したネイルの他にもネイルブックには
なんと!100万枚ものネイル画像が♡
もっと自分好みのネイルを探したいなら是非チェックしてみてくださいね!

今回紹介したデザインと似たネイルはこちら

▼ ドットネイルを探す
▼ フラワーネイルを探す
▼ 自分でネイルしたネイルを探す

最新のネイル情報を見逃したくないアナタにはアプリがオススメ♡

ネイルブックダウンロード
nch_150903_01nch_150903_02