ネイルブック史上最強のネイリストに直撃!Mr.ナンバーワンの素顔は祭り好きの夏男!?

By  |  | 3,302 view
follow us in feedly
                      

男性ネイリストインタビュー

今回で3回目になる、男性ネイリストインタビュー企画。

3回目にしてようやく、ネイルブックNo.1のネイリストさんへのインタビューが実現しました!

数多あるネイルデザインの中でも、パッと目を引くおしゃれなデザイン
多くの女性に「これやってみたい!」と思わせるデザインを多く生み出すのが、
男性ネイリスト・hidekazuさんです。

ガーリーもシンプルもモードも、様々なテイストのハイクオリティに仕上げるネイリストさんは、一体どんな方なのでしょうか?
気になるhidekazuさんのあれこれを聞いてみました♪

“ヒットデザイン”を生み出す秘訣は?

ネイルブックに掲載したネイルデザインの全てが高評価をマークし、No.1ネイリストであり続けるhidekazuさん。

彼のネイルには1000を超える「かわいい」評価がつくものも多く、そのデザインセンス技術に注目が集まっています。

hidekazuさんデザイン1
(ネイリスト:hidekazu)

hidekazuさんデザイン2
(ネイリスト:hidekazu)

hidekazuさんデザイン3
(ネイリスト:hidekazu)

トレンドの傾向が比較的流動的なネイル業界で、ここまで注目され続け、高評価を集める秘訣はどこにあるのでしょうか。

ーーデザインのインスピレーションはどこから得ているのですか?

これに関しては毎日の日常すべてですね。やはり流行りやトレンドは意識しますが、全くネイルに関係ないものでも「ネイルに使えないか」と常に考えています。

ーーいいデザインが、ふと頭に浮かぶことはありますか?

確かにふと思いつくこともありますが、実際そう簡単にいいデザインが浮かぶことなんてないですよ。新しいデザインを考えるのは大変です(笑)。

ーートレンドも意識されるそうですが、そういった情報はどこから得ているのですか?

常に何かを求めている感じですが、雑誌のチェックはほとんどせず、例えばテレビ(ヒルナンデスのファッションコーナーなど)で、トレンドの服やいい柄の洋服があったらすぐ写メします(笑)。ネイルブックに投稿したヤシのフットネイルなんかもその写メからの作品です。

ヤシの木ネイルハンド
(ネイリスト:hidekazu)
ヤシの木ネイルフット
(ネイリスト:hidekazu)

ーー各ネイルデザインのコンセプトのようなものはあるのですか?

コンセプトというか、僕自身が、甘すぎず辛すぎず、かっこ可愛い感じのネイルが好きなんです。

でもデザインに関してはどのようなものでもできるようにしています。自分の勝手なプライドとして、「これはできません」とか悔しいので(笑)。

あとは詰め込む中での抜け感!これ大事!伝わりますかね(笑)

ーーどんなデザインにも挑戦する中で、特に得意なデザインはありますか?

花柄は得意な方だと思います。基本的にはどんなデザインにも挑戦するようにしてますが、意外と痛ネイルも得意です。実際、よりアート感が強いデザインほどワクワクして燃えるタイプです。

花柄フットネイル
(ネイリスト:hidekazu)

アートデザイン
(ネイリスト:hidekazu)

ーー「こんなネイルをしている女性は素敵だな」と思うようなデザインはありますか?

ネイルをしている女性はみんな素敵だと思います!仕事上できない方でもフットとかやってると、オシャレですよね。さりげないオシャレが自分のテンションをあげるし、そこに気を使っていることがすでに素敵だと思います。

好きなことは全力で楽しむ!

ーーhidekazuさんは、休日なにをして過ごしているのですか?

今はなんといってもですかね。海に行っては昼間からお酒を飲んで夏を満喫しています。

ーー男らしい!確かに肌もこんがり焼けていますね!

日焼けしすぎているのは祭りのせいです。普段はこんなに黒くありません(笑)。夏男であり祭りバカなので、祭りがあるたび神輿を担ぐのが大好きなんです。

ーー正直、ネイルのから想像していたイメージとは大きく違いました。

自分でいうのは難しいですが、バカになって遊ぶことが一番好きなんです。イベントやサプライズを企画することもあります。

僕のネイルスタイルもだいぶラフな感じだと思います。堅苦しいのが嫌いなので。もちろん礼儀など最低限のことはしっかりしますが、お客様に対しても、友達のようなフレンドリーな感じですよ。

ネイルアートに魅了され、ネイリストに

ネイルチップ

ーーところで、hidekazuさんはもともと器用なタイプだったのですか?

昔から絵を描くことは好きでした。それと手先の器用さでは自信がありました。なので学生時代の美術と体育は成績よかったです(笑)

ちなみに、今も髪の毛は自分で切ってます!

ーーネイリストを目指す「きっかけ」は何でしたか?

美容師を目指して美容学校に通っていた時に、ネイルを見る機会があり、ネイルアートというものに興味を持ちました。「こんな小さな所に繊細なアートが!なんて可愛いんだ!」と、その瞬間にすでに髪の毛のことよりネイルに心が動いていました(笑)
その時ですかね、いつかはネイルをやりたいと心の中に刻まれたのは。

ーーはじめは美容師として働いたのですか?

結局美容師にはなりませんでした。そしていろいろな人生経験を経てだいぶ遠回りをしましたが、ネイルの道に進むことができました。ここまで来るまでにいろいろあったので後押ししてくれた親や友人には、本当に心から感謝しています。

ーーネイリストになるために、まずしたことは?

まずは、とにかく「どうやって進めていくべきか」を考えました。それと「どうなりたいか」ですね。自分の場合は講師の資格まで取りたかったので、認定校で習うことを選択しました。

今がチャンス!日々精進を重ねて大きな存在に

メッセージ

ーーいまhidekazuさんのようなネイリストになることを志して頑張っている男性へ、メッセージをください。

僕もそうでしたが、男性がネイリストを職業にするのって勇気がいると思います。それは、まだまだネイル業界でいえば男性の存在が少ないので、職業としての想像がつきにくいからです。

でも僕としては、少ないからこそチャンスだと思っています。僕自身もまだまだこれからなので、それを証明するべくこれからも精進して、自分なりですが、大きな存在になろうと思います。そんな僕を見て一人でもネイリストを志してくれる方がでてきてくれたら嬉しいです。

インタビューを終えて

ネイルも祭りも、好きなことには一途に没頭するhidekazuさんの姿勢には、気づかされるものがありました。

そして、hidekazuさんについて知るにつれて、男らしさを感じるとともに、ネイルに対する丁寧で真剣な想いを感じることができました。

多くの女性は、トレンドを押さえたモードデザインや季節感のあるデザインを好みます。その中に、さらに繊細さや抜け感をプラスするhidekazuさんの作品だからこそ、ここまで注目を集め評価を得つづけているのではないでしょうか。

今年の春にネイルブックに登場した彼の、秋冬デザインからも目が離せません!

N♡ch初公開!hidekazuさんの新作ネイルをご紹介

夏の終わりから秋にかけてにオススメの未公開作品を作成してくれました♪

大人ヌーディーベージュネイル

大人ヌーディーベージュ

カモフラネイル

カモフラ

(執筆・編集:サムライトネイルブック編集部

ネイルブックには他にもかわいいネイルがたくさん♡

今回紹介したネイルの他にもネイルブックには
なんと!100万枚ものネイル画像が♡
もっと自分好みのネイルを探したいなら是非チェックしてみてくださいね!

最新のネイル情報を見逃したくないアナタにはアプリがオススメ♡

ネイルブックダウンロード
nch_150903_01nch_150903_02